ペット保険のアイペット損保ホーム> ニュースリリース>夫婦円満の陰にはペットの話題あり!

ニュースリリース

夫婦円満の陰にはペットの話題あり!

2016年11月15日

夫婦円満の陰にはペットの話題あり!
~ペットと夫婦に関する調査~

 アイペット損害保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:山村鉄平)は、昨年に引き続き、犬・猫(以下「ペット」)飼育者で既婚者の526名を対象に、ペットと夫婦に関するアンケート調査を実施しました。

 11月22日は「いい夫婦の日」でもありますが、「わんわん、にゃんにゃんの日」でもあります。今年も「いい夫婦の日」にかけて、同様の調査を実施した結果、ペットを飼い始めてから夫婦間に「会話や話題が増えた」という回答が全体の71.1%に上るという結果となりました(昨年度の調査はこちらから)。

 その一方で、「共通の話題がない」ことや「価値観や性格の不一致」という理由から日本の夫婦の2.9組に1組が離婚をするということも言われております※。本年度も、ペットが夫婦間で果たす重要な役割に関して調査を実施しておりますので、ご一読ください。

※厚生労働省 平成27年(2015)「人口動態統計総覧」より

%e3%83%81%e3%83%af%e3%83%af

調査結果のまとめ

 夫婦円満と答えている人の場合、夫婦間で「ペット」の話題が占める割合は、20%以上となっています。このことから、ペットは夫婦の共通する関心事となっていることが伺えます。

 また、ペットの世話に関しては夫婦間に認識のズレが見られます。「共同」でペットを世話していると思う夫に対して、妻は「自分がやっている」という意識が強いことが分かりました。その一方で、役割分担の影響からか、ペットは妻(女性側)になついていると感じている傾向があることも判明しています。認識のズレを理解したうえで、夫は妻を労い、感謝の気持ちを伝えることも、時には必要なのかもしれません。

 さらに、ペットは、夫婦仲がぎくしゃくしたときの仲直りのためのきっかけとなることが分かりました。妻側よりも夫側の方がその傾向が強いという結果が出た背景から、夫にとって、妻と仲直りをするためにもペットは重要な存在と言えるのかもしれません。

夫婦円満の場合、夫婦間の会話でペットの話題が占める割合は20%以上

円満・円満ではないという回答別に、夫婦間の会話でペットの話題が占める割合を聞いてみました。円満の場合、20-50%未満が全体の約53%となっています。 円満ではない場合、約半数の51.1%がペットの話題が0~20%未満の割合となっています。

【Q1.夫婦間の会話でペットの話題が占める割合はどれくらいですか?】
11月リリース文章

(データ1:n=506、単一回答、「円満か分からない」という回答を除く)

ペットの世話に関して夫婦間に最大23%の認識のズレが見られる

回答者にペットの世話の役割分担について聞きました。全体の傾向として、男性は「共同」だと思っている一方、女性は「妻=自分がやっている」と思っている傾向があることが分かりました。特に男女間の認識で最も差の開いた項目は「食事」、最も差の少ない項目は「遊び(※散歩以外)」となりました。男性は、自身が思う以上にペットの世話に積極的に参加したり、女性を労ったりすることが夫婦円満に繋がるのかもしれません。

【Q2.ペットの食事は夫婦のどちらが担当していますか?】
%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e2%91%a1

【Q3. ペットの遊びは夫婦のどちらが担当していますか?】

%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e2%91%a2

※「遊び」には、散歩を含めない (データ2:n=500、単一回答、「その他」という回答を除く)

(データ3:n=494、単一回答、「その他」という回答を除く)

女性の約8割が「ペットは妻側=自分になついている」と感じている

ペットがなついているのはどちら側か、について男女別に見てみました。役割分担の意識が関係しているのか、男女ともに、ペットは妻側になついていると感じていることが分かりました。特に、女性は8割近くが自身になついていると感じていることが判明しています。

【Q4.ペットがなついているのは、夫婦のどちらですか?】

%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e2%91%a3

(データ4:n=441、単一回答、「分からない」「その他」という回答を除く)

ペットがきっかけとなって妻と仲直りした夫は66%

ペットの存在によって喧嘩の仲直りのきっかけとなった経験を持つ人が半数以上いることが分かります。特に夫が妻より10%上回ることから、夫にとって、ペットは妻と仲直りするためにも必要な存在と言えるのかもしれません。

【Q5.ペットが夫婦喧嘩の仲直りのきっかけとなったことはありますか?】
%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e2%91%a4
(データ5:n=324、単一回答、「分からない」「喧嘩をしたことがない」と回答した人を除く)

以下、ペットの存在がきっかけとなって仲直りをしたエピソードを抜粋しています。喧嘩中に気を引いたり、普段とは違う様子をペットが見せたりすることから(昨年度の調査はこちらから)、ペットは全てお見通しなのかもしれません。

【エピソード】

  • ・喧嘩をきっかけに会話しなかったのを、犬が察して、2人の間に入って、「どうしたの?」という感じの目で見上げてくる様子を見て、話すようになり仲直りした(41歳・女性)
  • ・喧嘩をした際、飼っている猫が不安そうに夫婦間を行き来しているのを見て、お互い怒りが和らいで自然に仲直りした。(35歳・男性)
  • ・夫婦の間に割って入り、「もうやめてちょうだい」と言うように立ち上がって邪魔をする(66歳・女性)

アイペット損保では、ペット保険の提供とともに、ペットの健康促進やQOLの向上、ペット産業の発展に寄与するため、オウンドメディアやイベント等を通じて積極的な情報発信に取り組んでまいります。

今までの調査はこちらからご覧いただけます。

【調査概要】

  • 調査対象:全国の犬・猫飼育者で既婚者526名
  • 調査方法:インターネットによるアンケート(複数回答可)を実施
  • 調査期間:2016年10月12日

アイペット損保はこれからも、「ペットとの共生環境の向上とペット産業の健全な発展を促し、潤いのある豊かな社会を創る。」ことを目指し活動していきます。

アイペット損害保険株式会社について

会社名 アイペット損害保険株式会社
代表取締役 山村 鉄平
本社所在地 〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル
事業内容 損害保険業
URL http://www.ipet-ins.com/

報道・出版関連、マスメディアの方からのお問合せ先

アイペット損害保険株式会社
担当:事業戦略室 広報担当・福岡
TEL :03-6867-1330(直通)
FAX :03-6691-1212
E-MAIL :pr@ipet-ins.com
受付時間 :平日9:00~18:00


ニュースリリースのトップへ戻る


  • じっくり検討したい飼い主さまへ 資料のご請求

当社へのご相談・苦情に関するお問合せ窓口

お客さま総合ダイヤル[フリーダイヤル]0800-919-1525 月曜日

~金曜日 10:00~18:00

  • サービス向上のため、通話内容を録音さ せて 頂く場合があります。

お電話のつながりやす

い時間帯などをこちらで確認できます。

  • みんなのエピソード 「入っていて良かった!」お客さまからの声

をご紹介
  • 初めての方も安心!まずはペット保険のキホンから。ペット保険

とは?
  • 対応動物病院の推薦や申込みについてのご相談

はコチラから

ページトップ